かゆいのは性病?若年性パーキンソン病の症状とは

一般にパーキンソン病といえば、中年以降の発症が目立ち、高齢になればなるほど、その比率が増えてくるのが普通です。
この疾病は、運動を司る神経が脳に適切に伝達されないために、全身に症状が現れてくる病気です。
主たる症状としては、じっとしているときの手足のふるえ、手足の曲げ伸ばしが固くなる、動かない、あるいは動いても動きがゆっくりしているなどの現象が見られます。
進行性の病気ですが、症状の進行状況は遅いので、本人にもいつから罹患しているのか覚えていないことが多いです。
20歳代において若年性パーキンソン病症状を発症するのは珍しいです。
40歳以下で出てきた場合を、若年性パーキンソン病と呼びます。
パーキンソン病患者全体の約10%を占めているとの報告があります。
若年性パーキンソン病症状は、高齢になって発症したパーキンソン病と同じ症状を示します。
また、10代や20代といった若い年齢での発症事例を見ますと、ほとんどのケースで、兄弟や姉妹も同時に発症しているという傾向があります。
若年性パーキンソン病症状の治療は、薬物療法によって行われるのが一般です。
ほかに、手術やリハビリ、食事療法なども治療法として存在しています。
さて、性病の症状としては、局部がかゆいということを訴える人が多いです。
カンジダ症、毛じらみ症、白癬症、疥癬などで、執拗に性器がかゆいと感じる場合は、性病の可能性も視野に入れておくべきです。
もちろん、かゆいからといって自分の手でかきむしると、余計に症状が悪化します。
当然、治療の期間も長引きます。
正規部分を清潔に保って、通気性のよい肌着を着用することが大切です。
なお、性病であるかどうかの診断を受けるには、女性は婦人科、男性は泌尿器科で受診するのが適切です。



トップページへ