コンドームによる性病予防の大切さ

性病予防の方法はやはりコンドームの使用です。コンドームは単なる避妊具としての効果だけでなく、粘膜との接触をシャットアウトしてしまうので、確実な予防方法として推奨されています。
しかし、多くの場合ではコンドームの使用は性器の挿入時に限るとされています。これは本当の意味では正しい使用方法とはいえません。避妊という意味では正しいのかもしれませんが、性病予防を目的とするのであれば、オーラルセックスなどでもコンドームの使用が必要となります。
その理由としては、感染は性器を経由したものだけではないという事が挙げられます。口腔内にも粘膜はありますので、そこから感染する事は珍しくありません。実際性病として知られるヘルペスは、陰茎部に水疱を作る疾患として非常に有名ですが、口腔内からの感染も起こすとされていて、オーラルセックスでの感染リスクが非常に高いとされています。
またコンドームは、適切な使用方法がなされていないと避妊や性病予防の効果が著しく低下してしまいます。精液を経由した感染や粘膜を経由した感染だけではないのが性病の恐ろしさです。何も性器関連のものだけが原因ではなく、唾液なども原因となりますのでキスなどを経由する場合もあります。そのため、コンドームだけで絶対に予防できるわけではないという事も理解はしておくとともに、それでも必要なものであるという事を認識して着用するようにしましょう。
なお、コンドームの使用は男性が主体的に行える性病予防です。パートナーに対してしっかり説明する事が男性に求められますし、女性は相手にしっかりと意見できる事が大切です。だからこそパートナーがそれぞれ話し合うようにするようにしましょう。



トップページへ