性病、せいかんせんしょうがうつ病性障害を引き起こす

性病やせいかんせんしょう、これらは近年大きな問題となっています。性行為によって感染するせいかんせんしょう、これは適切なコンドームの使用によって予防ができますが、本来の適切な予防行動が取れていない事が、せいかんせんしょう・性病に繋がります。
そういった性病の蔓延とともに問題となっているのはうつ病性障害が見られるケースがあるという事です。性病とせいかんせんしょう、これは様々な身体的な影響を及ぼします。その中でも精神的な面で大きな影響があるのです。
特にうつ病性障害が強く出るのが、エイズです。エイズとはHIVウイルスの感染によって起こる疾患で、一年から十年程度の潜伏期間によって生じるものです。主な症状としては免疫力を著しく低下します。これだけでは死に至りませんが、普段感染しないような微弱な病原菌に対しても抵抗力を失うため、そこから様々な症状を生じてしまい、結果として死に至る事になります。多くの有名人がなくなっている疾患であり、今でこそ治療がある程度できるが完璧に治す事は出来ないため、一生を通じて疾患と付き合っていかなければなりません。
そのようなエイズですが、うつ病性障害になるのはやはり長い潜伏期間が長期である事から将来的な不安が増大する事で起こると考えられています。それだけ負担の大きな疾患であるとともに、世間的なイメージは未だに死の病、うつる疾患であるというものがあり、世間体等が非常に悪いことも関係しています。基本的に性病からうつ病性障害になった場合は薬による管理だけでなく、病気を受け止められるようにならなければなりません。特にエイズの場合は心理的に大きな苦しみを共有できないという点も辛さの原因です。早急に医療機関にかかって、精神的なケアを行いながら治療をする必要があるといえるでしょう。



トップページへ