性病でアレルギー性紫斑病にならないために自宅で性病検査

性病でもアレルギー性紫斑病になることがあります。アレルギー性紫斑病は、打撲や肌を押してもいないのに、紫斑ができる病気であり、アレルギー反応を示しています。感染症が原因でありそれは性病に罹患した時でもアレルギー性紫斑病になることがあります。打撲や押してもいないのに赤やピンクの斑ができた場合は、速やかに病院に行くようにしましょう。症状が重症化した場合は、腎不全を引き起こして、治療が長引くこともあります。症状が出たときに対処することが大切です。

治療としては、まずは原因を排除する必要があります。性病であれば治療することで、アレルギー性紫斑病の症状も収まるでしょう。しかし性病となると恥ずかしいからということで病院に行かない人も多いです。性器を医療従事者に見せるのはもちろん、性行為によって感染したということを知られたくないことから病院に行かない人も多いです。特に女性に多いことから、症状が悪化してしまい、アレルギー性紫斑病が酷くなった症状である腎不全や将来不妊になることもありますので、注意が必要です。

病院に行き辛いというのであれば、自宅で性病検査する方法がありますので、まずはそれをして検査結果が出るのを待つのも良いでしょう。自宅で性病検査する方法は、検査キットがあり指示通りに検査することで正しい検査結果が出ます。罹りやすい性病はもちろん網羅しており、検査キットによってはHIV検査まですることができるものもあります。自宅で性病検査をしてから、結果が陽性であった場合は、病院に行くことを選択すると良いでしょう。誰でも自宅で性病検査を行うことができますが、唯一の欠点としては病院で検査をするよりも高くなることです。その点は割り切りましょう。



トップページへ