性病のトリコモナスとおりものの匂い

トリコモナスというのは、トリコモナス原虫とよばれる生物によって引き起こされる性病の一種で、主にオーラルを含めた性行為全般によって、相手から感染するケースがほとんどです。ただし、性病であるとはいっても、まれに性行為の経験のない人や子供でも感染することがあります。この場合は、トイレや入浴などによる家族内での感染か、または性病にかかったまま女性が出産したことによる垂直感染がうたがわれます。
トリコモナスの症状としては、男性よりも女性のほうが顕著で、腟から黄色がかったおりものや泡のある分泌物が大量に出て、外陰部に強いかゆみが起こります。トリコモナスは匂いの原因となるさまざまな嫌気性細菌などの増殖とセットになることが多いため、おりものについても、こうした雑菌によって生成された窒素化合物のアミンの匂いをともなうことがあります。例えていえば、魚の生ぐささのような、あまり好ましくない匂いということになります。また、こうした雑菌の増殖によって、腟の内部が炎症を起こしたり、症状が進行して出血があったりというケースもみられます。いっぽう、男性の場合は症状がほとんどないケースが多く、あったとしても尿道からの分泌物、あるいは炎症といった症状にとどまるものです。
以上のような症状があらわれた場合、病院ではまず腟分泌物や尿をサンプルとして採取し、顕微鏡などによる検査を行い、原因がトリコモナス原虫であることを確認します。その上での治療方法ですが、一般には抗原虫薬とよばれる医薬品が投与されます。これには女性の腟に挿入する錠剤、患部に塗布する軟膏、口から飲む内服薬といったタイプがありますので、性別や症状によって使い分け、または併用をします。



トップページへ